このページの先頭です

日本ダブルリード株式会社(通称JDR)は、オーボエ・バスーン、リード・アクセサリーの専門店です。取扱商品・楽器修理に関してはお問い合わせ下さい。


サイトのナビゲーション


HOME イベント フリータイムクリニック −オーボエ

グローバルナビゲーション


イベント

フリータイムクリニック −オーボエ−

【フリータイムクリニック受講受付方法】変更のお知らせ

フリータイム変更2.jpg

オーボエ  吉井 瑞穂 先生

[マーラー室内管弦楽団首席オーボエ奏者・
東京藝術大学非常勤講師]

 【4月開催日】

2018年4月8日(14:30〜18:30(8枠)

 【5月開催日】

2018年5月13日(13:00〜17:00(8枠)

 【6月開催日】

2018年6月30日(14:30〜18:30(8枠)

※4月,6月開催の回は、通常開催時間と異なりますのでご注意ください



予めご希望のレッスン内容の準備をお願い致します
甘い音色と豊かな音楽性で世界の聴衆を魅了する国際派オーボエ奏者。
東京芸術大学入学後、渡独しカールスルーエ国立音楽大学を首席で卒業。
日本音楽コンクール優勝ほか、英バルビローリ国際コンクール、日本管打楽器コンクールで入賞。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でエキストラ奏者として活躍後、シュトゥットガルト国立歌劇場管の首席奏者を経て2000年からマーラー室内管の首席オーボエ奏者として欧州を拠点に活動している。同楽団の設立者であるアバドをはじめ、ブーレーズ、ラトル、ハーディングら世界的巨匠の指揮で演奏を重ねており、欧州の主要音楽祭に数多く出演。欧州主要オーケストラ、アンサンブルから頻繁に客演首席奏者として招かれている。
ソロや室内楽でも活発に活動を展開中。室内楽共演者として、テツラフ弦楽四重奏団、レイフ・オヴェ・アンスネス、マーティン・フロストなどがいる。ニューヨークのマンハッタン音楽院、イギリス、スペイン、ドイツ、コロンビア、ベネズエラなどでマスタークラス教授として招かれ、後進の指導にあたっている。
東京藝術大学非常勤講師。「音楽の友」で連載中。

感想:2018年4月8日開催】

・答えをすぐ教えるのではなく、自分自身に見つけさせるという指導をしていただき、とても良い体験ができました。また、これからするべきことも学べてとても良かったです。(社会人)


・ベルリンフィルでアルブレヒト・マイヤーと並んで演奏されているYouTubeの映像が目に焼きついている自分にとって、あこがれとも言える吉井先生のご指導を受けられたことは一生忘れられません。単に「大きな」音でなく真に「豊かな」音を出すために、どんな練習をすればよいかをご指導下さいました。至福の30分でした。(社会人)

 

フリータイムクリニック(オーボエ)の足跡

1987年
似鳥 健彦 先生(元NHK交響楽団)
1988年
山本 安洋 先生(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
1989年
湊   貞男 先生(元東京フィルハーモニー交響楽団)
1990年
浦   丈彦 先生(読売日本交響楽団)
1991年
虎谷 迦悦 先生(元東京フィルハーモニー交響楽団/洗足学園大学名誉教授)
1992年
小林 裕   先生(東京フィルハーモニー交響楽団)
1993年
山本 洋一 先生(元読売日本交響楽団)
1994年
庄司 知史 先生(元東京フィルハーモニー交響楽団)
1995年
広田 智之 先生(東京都交響楽団)
1996年
渡辺 潤也 先生(群馬交響楽団)
1997年
脇岡 総一 先生(元東京都交響楽団)
1998年
鈴木 繁   先生(仙台フィルハーモニー管弦楽団)
1999年
北島 章   先生(NHK交響楽団)
2000年
杉浦 直基 先生(元東京交響楽団)
2001年
森   明子 先生(新日本フィルハーモニー交響楽団)
2002年
三谷 真紀 先生(東京フィルハーモニー交響楽団)
2003年
鈴木 純子 先生(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
2004年
池田 昭子 先生(NHK交響楽団)
2005年
虎谷 迦悦 先生(元東京フィルハーモニー交響楽団/洗足学園大学名誉教授)
2006年
篠崎 隆   先生(東京交響楽団)
2007年
浅間 信慶 先生(新日本フィルハーモニー交響楽団)
2008年
市川 清士 先生(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)
2009年
成田 恵子 先生(元神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
2010年
加瀬 孝宏 先生(東京フィルハーモニー交響楽団)
2011年
北島 章 先生(元NHK交響楽団・2回目)
2012年
坪池 泉美 先生(日本フィルハーモニー交響楽団)
2013年
杉本 真木 先生(東京フィルハーモニー交響楽団)
2014年
安原 太武郎 先生(セントラル愛知交響楽団)
2015年
佐竹 正史 先生(東京フィルハーモニー交響楽団)
2016年
大植 圭太郎 先生(東京都交響楽団)
2017年
荒 絵理子 先生(東京交響楽団)

このページのTOPへ



フッターリンク

Copyright c JAPAN DOUBLE-REED INC. All Rights Reserved.