日本ダブルリード_oboes
8/21

9F. LoréeOboe d’amore★Semi Automatic★Full mechanism★3rd. octavekey★D#-E trillkey★A管F. LoréeE.H. Low H★Semi Automatic★Full mechanism★3rd. octavekey★D#-E trillkey★Low B(H)resonancekey★F管F. LoréeRoyal 125H Amethyst★Semi Automatic★Full mechanism★3rd. octavekey★D#-E trillkey★High D facilitator (High Dピッチ補正用 調整ネジ付き)※「Automatic」もございますF. LoréeE.H. Low Bb★Semi Automatic★Full mechanism★3rd. octavekey★D#-E trillkey★Low B♭ extension key ★Low B(H) & Low B♭ resonancekey★F管※「SP 銀メッキ、violet wood」「GP 金メッキ、violet wood」もございますGP 金メッキアメジストLow HSP 銀メッキ※「Low B♭」もございますSP 銀メッキ※「violet wood」もございますGP 金メッキViolet woodF. LoréeE.H. CABART★Semi Automatic★Full mechanism★3rd. octavekey★F管9ロレー(France)1881年に設立したロレーは、現代オーボエメーカーの中で一番古い歴史とリーダーシップをとり続けてきました。コンセルバトワールシステムを取り上げたトリアベールの跡を継ぎ、さらに改良することにより他社の追随を許さない性能を誇っています。また、耐久性や故障の少なさもさることながら最も美しい姿かたちのロレーは多くのオーボエ奏者に愛されています。「Royal 125H Amethyst アメジスト」ロレー社が2009年に満を持して発表した最高傑作。最高級グレナディラ材の中で光り輝くアメジストの宝石は、ロイヤルの響きそのものを表しているかのようです。ロレー社のイメージカラーである紫色が彩られたロイヤル  125H  アメジストモデルは、世界で最も高貴なオーボエです。アメジスト:鉱石には不思議な力が存在し紫色をしたアメジストは「高貴」という石言葉があります。紫色は、ロイヤルファミリーカラーであり中国では皇帝しか身に付けられなかった色、日本では歴史的に冠位十二階で最高位の色として崇められています。F. Lorée (France)Established in 1881, Lorée has the longest history in oboe making, and has taken leadership among modern oboe manufacturers. Following the innovations of Triébert, who incorporated the conservatoire system, steady improvements have enabled Lorée oboes to maintain its premium and original quality. Oboists throughout the world are charmed by its solidity and simple main-tenance as well as its beautiful appearance.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です